簡単!数字で遊ぶ

数字で遊ぼう1

こんにちは!
アミューズメントバーLUNOの店長のです。
お店にあるボードゲームを少しずつ紹介しています。

今回は数字を使ったボードゲームをご紹介します。
1~10までの数字だけで楽しめる単純なゲームでこれもボードゲーム初心者におススメです。
人数も2人からできます。
今回は数字を当てたり、揃えたり、足したりするゲームをご紹介しますね。

トータス

トータス

3.5

プレイ時間 5分

「神経衰弱」と「たし算」が合わさったゲームです!
どちらも知っているものだからすごく親しみやすいです。
メダルをめくっていき合計が「10」になればめくったメダルがもらえます。
オーバーしたら次の人の番です。
それをくりかえし、最後にメダルの数を数え多い人が勝ち!
ミソなのは、こまかく刻んでめくっていくということです。

シャット・ザ・ボックス

シャットザボックス

3.0

プレイ時間 10分

ダイスを2つ転がし、でた数字を倒していくゲームです。
このゲームなんと伝統的なパブゲームでフランス生まれのようです。
そんな古くからあるとは驚きですよね(^^♪
単純で2名~4名で遊べるのでおすすめです。
ルールも仲間内で追加すると少し難しくすることもできます。

ドメモ

ドメモ

4.0

プレイ時間 10~15分

1~7までの駒あり、それぞれ決められた数(プレイする人数により変わる)を自分の前見えないようにおき、それを全部言い当てるゲームです。
面白いのが1は1枚、2は2枚、3は3枚…と数字の数だけ駒があるということです。
つまりは相手の前に置かれた駒に1があれば自分のところには1はないということになります。
後は自分が言った数字を覚えておかないと、ない数字を何度も言ってしまい出遅れてしまいます( ;∀;)

コヨーテ

コヨーテ

5.0

プレイ時間 15~20分

イメージはインディアンポーカーです。
全員山札からカードをひき自分には見えないように額の上にもっていきゲームが始まります。
そこから何をするかというと、親から順番に数字を言っていきます。
(1からでなくてもいいし、急に大きい数字を言ってもいい)
そして自分の番に来た時に、前の人が言った数字がみんなの額に当てたカードの合計を超えていると思ったら
「コヨーテ‼」といい全部のカードをオープンし計算します。
見事超えていれば勝ち‼
山札には特殊なカードがあり「マイナス」や「数字が2倍になったり」「一番大きい数字が0になったり」
それが場を乱して面白いです。
自分のカードがジロジロ見られていたら要注意( ゚Д゚)

最後に

ボードゲーム

数字で遊べるボードゲームを紹介させていただきました。
まだまだたくさんあり、まだまだおすすめのゲームがあります。
また、その2も書きますね(^^)/
ルールも簡単で分かりやすいのでボードゲーム初心者さんも私はよくおすすめしています★

アミューズメント&ダーツバー LUNO / ルーノ の基本情報

大阪梅田のアミューズメントダーツバーEclat

営業時間とアクセス

住所:
〒530-0027
大阪府大阪市北区堂山町1-21
モンテビル4F
アミューズメント&ダーツバー LUNO / ルーノ
GoogleMapを表示する
TEL:
050-3520-9748
営業時間:
13:00〜翌5:00

SNS

Instagram:
@bar_luno
Facebook:
アミューズメント&ダーツバー LUNO / ルーノ
LINE@:
@barluno
Twitter:
@bar_luno